ざっこくびら

紹介

昔から大切な行事(祭り、正月など)の時には欠かせない郷土食のひとつ。栄村で採れる山菜や野菜などの沢山の具が入った醤油味の煮物のような料理です。呼び方は集落によって異なり「ざっこく煮」「いもぜ」とも呼ばれています。材料は各家庭によって多少異なります。だしが出るものは先に入れてよく煮込むことでだしの味が出て、また食材そのもののおいしさもでて、昔懐かしいふるさとの味がするあったか料理です。
(少量作るよりも沢山作ったほうがよりおいしくなるので、ここでは約10人分としました。)


材料(約10人分)

煮干し
昆布
干ししいたけ
ごぼう
乾燥ぜんまい
ちくわ
たけのこ
こんにゃく
にんじん
さといも
焼きどうふ(厚揚げ)
しょうゆ
みりん
砂糖
水(昆布、干ししいたけのもどし汁も合わせて)



30g
50g
6枚
150g
30g(水にもどしたもので約300g)
1本
中1ビン
1枚
100g
300g
1枚
80〜90cc
大さじ3杯
大さじ1杯
15カップ

作り方
  1. 昆布、干ししいたけ、乾燥ぜんまいは水にもどしておく。
  2. 煮干しでだし汁を作る。
  3. 材料を切る。(昆布・・・5ミリ位の細切り、しいたけ・・・細切り、ごぼう・・・そぎ切り、ぜんまい・・・3センチ位、ちくわ・・・半月切り、たけのこ・・・そぎ切り、こんにゃく・・・短冊切り、にんじん・・・イチョウ切り、さといも・・・半月切り、焼きとうふ・・・短冊切り)
  4. だし汁の中に昆布、しいたけ、ごぼう、ちくわ、たけのこ、こんにゃくを入れ約20分間煮る。
  5. ぜんまい、にんじん、さといもを入れ、煮立ったらしょうゆ、砂糖、みりんを入れて中火で煮る。
  6. 途中で焼きどうふを入れる。
  7. お椀にもって出来上がり。
クッキングポイント

☆材料はどれも大体同じくらいの大きさに切る。
☆味は好みで調節する。


トップページみみだんごの作り方えごの作り方