郷土食トップページ リンゴのコンポートおかゆソースがけ シナノユキマスの料理




 郷土の特産物を食材に使ったものやその地の名物も「郷土食」として然りですが、「家にあるもの(田畑でとれたものも含めて)や誰でも手に入りやすい材料で簡単に作り、(皆で)食べる。」
そんな何気ない知恵や発想から、実は「郷土食」は生まれてきたものかもしれません。
 「郷土食」として普及するまでには、どうやら”手軽さ”はとても大事な要素と言えそうです。この一品はそんなことをそっと教えてくれそうです。
 また、この料理は冷凍すれば多少の”保存”もきく点、これも「郷土食」としてお薦めするポイントです。(レシピ参照)
材料●
<材料:5人分程度>
ジャガイモ・・・・1kg
片栗粉・・・・・・300g
醤油・・・・大さじ3杯
砂糖・・・・大さじ1杯
のり・・・・適量(板のりか、青のり(粉のり))
油・・・・・・適量

棒状にしてラップ
作り方
@ジャガイモはきれいに皮を剥き、茹でる。(蒸しても良い)
Aやわらかくなったジャガイモを器に取り出し、熱いうちに塊が残らぬようによくつぶす。
Bジャガイモが絹肌になるまでになったら、片栗粉をそのまま入れて再度こねる。
C直径約5cm程の棒状にして、それをラップに包んでおく
  (この段階で冷凍しておけば、保存ができる)*写真参照
D厚さ1cm強程度に切って、フライパンに油をひき、裏表両面をとろ火で焼く。
E色よく焼けたら皿に移して砂糖醤油をかけて味付けして、最後に青のり(粉のり)を上からふりかけても良いし、板のりで巻いても良い。


このページの先頭へ

Copyright(C) 2002 by toyotamurasyoukoukai All Rights Reserved.